債務整理のメリットは元金の減額だけではない?

債務整理を利用する事で多額の借金総額を減額する事が出来る事を知っている方は多いと思います。
しかし、それ以外にも様々なメリットがあります。
その1つとして、利息制限法を基にした計算を行う事で滞納している利息の減額にも期待する事が出来るといった点が挙げられます。
また、債権者との交渉では債務整理を利用しない場合に支払う事になっていた将来発生する利息の免除を行う事も可能となっています。
それ以外にも、利用者は自己破産や個人再生等の4つある債務整理の方法から自分で選択する事が出来るといった特徴もあります。
弁護士や司法書士に依頼をする任意整理ではほとんどの手続きを担当者に任せる事が出来る事で仕事をしている方でも利用する事が可能となっています。
弁護士や司法書士の方に依頼する費用がない方や金融会社との交渉を自分で直接行い方は、特定調停を利用する事で依頼料等の費用を大幅に減らす事が出来るうえに自分自身の力で減額交渉を行う事が出来ます。
自己破産を利用した場合には、免責までの期間は就く事の出来ない職業がある事に対して、他の債務整理では特に職業の制限がないといった細かな違いがある事で自分に合った債務整理の方法を選ぶ事が大切になります。