任意整理の特徴と減額交渉について

任意整理には、他の債務整理とは異なり裁判所を利用する事なく借金整理をする事が出来る事や融資を受けている金融機関と減額交渉を直接する事が出来るといった特徴があります。
他の方法と比較すると手続きが比較的少なくなっている事で利用しやすいといった理由から利用者が増えています。
任意整理の特徴でもある金融機関との減額交渉に不安を感じて利用する事を躊躇している方も多いと思います。
しかし、減額交渉は依頼した法律事務所の司法書士や弁護士の方が代理人として担当する事が金融機関と接する機会はありません。
一方で、減額交渉では利用者の方の希望する条件が全て通らない場合も多くあります。
金融機関側には返済総額が減る事や将来発生する利息を免除されるといったデメリットがある事から、両者が納得する事の出来る返済計画を提示する事が大切となっています。
また、自分で減額交渉を行う特定調停とは異なり法律事務所に依頼をする任意整理では、依頼料や成功報酬といった費用が必要になります。
それ以外でも、任意整理を利用して完済をする事が出来た場合には借金整理を行った履歴が信用情報機関に残されます。
信用情報機関の履歴は5年程度保管される事でその期間中は、金融機関で提供しているサービスを利用する事も出来ないといったデメリットもあります。