裁判所を介さずに手続きができる債務整理の仕方

債務整理にはいくつかの方法がありますが、その手続きの仕方には大きく分けて裁判所を介したものと介さないものの二種類があります。
裁判所を介さずに手続きが進められるものとしては任意整理があります。
任意整理では債務者が債権者側と交渉をすることで過払い金を返還してもらったり、借金の元本を減らしてもらうことなどができます。
その結果、月々の借金の支払いの負担が軽減されることになり、債務整理をする前よりも借金の返済をゆとりを持ってできるようになります。
この任意整理の手続きというものは個人でも十分に行うことが可能となってはいますが、債権者側がなかなか交渉に応じてくれないなど手続きに手間取ってしまうケースも少なくはないので、そのような場合には司法書士や弁護士へ手続きを代行してもらうことになります。
それに対して裁判所を介した債務整理には個人再生や民事再生、自己破産などの手続きがあります。
これらの債務整理ではいずれにしても裁判所に対して申立書を提出したり、あるいはその書類を作成するなどの煩雑な手間が掛かるので、これらの手続きをする際にはあらかじめ司法書士や弁護士へ依頼をするかたちになります
ただし、自己破産なども債務者が自ら手続きを行えないというわけではないので、法律に関しての知識や手続きに必要な時間を十分に持っているのであれば個人で行ってもかまいません。